Timeline Image

伝説のストーリー

2010's Era

2010年代 - 伝説は生き続ける

Indian Motorcycle®がこれまで以上のパワーアップして帰って来た

2010年代はIndian Motorcycleにとってエキサイティングな発展と成長を遂げた10年でした。技術革新、パート ナーシップ、そして拡大を続けるオーセンティックでアイコニックなバイクラインアップを通じて当社の伝説 的な過去を基盤に明るい未来を築き上げました。

  • 2018 -FTR750にインスパイアーされたFTR1200が発表されました。ストリートを疾走するための フラットトラッカーの誕生です。
  • 2018 -トラビス・パストラナはシーザーズパレスの噴水ジャンプなど、かつてのイーブル・ニーブ ルの最も有名なジャンプをFTRで再現しました。
  • 2018 -インディアンモーターサイクルとレーサーのジャレッド・ミーズは連続してアメリカンフ ラットトラックレースでのチャンピオンシップを獲得しました。
  • 2017 — Indian Wrecking CrewメンバーであるJared Meesがブランドにとって60年以上ぶりのレースとなる アメリカンフラットトラックチャンピオンシップで優勝しました。
  • 2017 — Lee Munroがボンネビル・ソルトフラッツでモダンな“Spirit of Munro”スカウトで190 mph 1967年の記録を祝福しました。
  • 2017 — Indian MotorcycleがScout ® Bobberを発売しました。
  • 2016 — Indian MotorcycleがIndian Springfield ® と Chieftain Dark Horse ® という2台の新しいバイク、そして業界最先端のインフォテインメントシステムである Ride Command ® を発表しました。
  • 2016 — Indian Motorcycle がJack Daniels ® そして Klock Werks Kustom Cycles とコラボレートして Limited Edition Jack Daniels Indian Springfield ® と Chief ® Vintage を生み出しました。
  • 2016 — Indian Motorcycleが Indian® Scout ®® FTR750 をお披露目することでプロのフラットトラックレースへの正式な復帰に向けた歴史的な一歩を踏み出しました。
  • 2015 — Indian Motorcycleが Chief Dark Horse ® と Scout ® Sixty を発表しました。
  • 2015 — Indian MotorcycleがVeteran’s Charity Ride to Sturgis TM との複数年に及ぶパートナーシップを開始しました。
  • 2014 — Motorcycle.com が Indian ® Chief ® を2014年クルーザー・オブ・ザ・イヤーに選び、Chief ® Classic と Chief Vintageも表彰しました。
  • 2014 — Indian Motorcycle がRoadmaster ® とアイコニックな新型 Scout ® をラインアップに加えました。
  • 2013 — Indian Motorcycleがパワフルな新型Thunder Stroke ® 111 Vツインエンジンを発表しました。
  • 2013 — 新型の Chief  Classic, Chief  Vintage, そして Chieftain ® が発表されました。
  • 2011 — Polaris IndustriesがIndian Motorcycleの買収を発表しました。
2000's Era

2000年代 - 不確かな未来

アメリカ初のバイク会社にとって激動の時代

2003年にIndian Motorcycle Company of Americaが破産し、生産を終了しました。アメリカ初の バイク会社の未来は不確かなものとなりました。

2008年にはIndian Motorcycleにとって事態が好転しました。 ロンドンに拠点を置くプライベートエク イティ企業であるStellican Ltd.,がIndian Motorcycleの資産を買収し、ノースカロライナ州キン グスマウンテンにIndian Motorcycle Companyの製造施設を設立しました。2008-2011年には105- ci Vツインエンジンを搭載するIndian Chiefバイクが相当数生産されました。2011年にはStellican が Indian Motorcycleを Polaris Industriesに売却しました。

1990's Era

1990年代 - ブランドの復活

伝説の過去の栄光を取り戻す

1998年にはIndian Motorcycleモデルのブランド独占生産が再開されました。9社が合併してIndian Motorcycle Company of America (IMCA)を設立し、カリフォルニア州ギルロイに生産施設を設立しました。IMCAはS&S Cycle, Inc.から買収したエンジンを使用するChief, Scout, そして Spiritモデルを生産しました。

1970's Era

1970年代 - 時代の終了

2人の伝説の死

伝説的なオートバイレーサー、ディーラー、販売者、雑誌出版者、レースプロモーター、作家そしてオートバイメーカーで あるFloyd Clymerは 1963年以来 Indian Motorcycleブランドの復活のために努力していました。

Clymerは1970年に心臓発作で死去し、彼の弁護士であるAlan NewmanがIndian Motorcycle商標を取得しました。 NewmanはIndianブランド名で小型バイクの販売を続けました。これらのバイクの多くは台湾で生産され、排気量は 50cc から 175ccでした。その他のユニットはItalianミニバイクにブランド変更されました。1970年代を通じて売上 は低下し、事業は1977年に終了しました。

1960's Era

1960年代 - 記録の追及

Burt Munroの歴史的偉業

1967年に 68歳でニュージーランド出身のBurt Munroがユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで改造した 1920 Indian® Scout® Streamlinerでレースに参加した際に新しい公式地上新記録である184.087 mphと非公式の最高速 度である205.67 mphを記録し、バイクの歴史を塗り替えました。

Munroは1940年代に複数のニュージーランド地上最速記録を塗り替え、1950年代には彼のScoutは ニュージーランドのスピードコースでは速すぎました。彼は平坦で広大なボンネビル・ソルトフラッツ でレースするという新たな目標を立てました。Munroと彼のScoutはボンネビル・ソルトフラッツで9 回レースに参加し、その内の3回で世界記録を作り、1967年の最後のレースでの彼の歴史的偉業につ ながったのです。Burt Munroは80年前に始まった速度の追及を称賛され2006年にAMA殿堂入りを 果たしました。

1950's Eras

1950年代 - Wrecking Crewの登場

バイクレース界を席巻

伝説的レーサーであるBobby Hill, Bill Tuman, そしてErnie Beckmanで構成されるIndian Motorcycle Wrecking Crew TMは1940年代後半に設立され、1950年代前半にはダー トとロードコースの両方で猛威を振るっていました。スプリングフィールドマイルでの3大会連続優勝 は彼らの偉業の一部です。Hillは1951年と1952年にスプリングフィールドマイルに優勝し、Tuman が1953年に優勝しました。また、この3人は東海岸と西海岸の両方でシーズンポイントタイトルやメ ジャーな大会での優勝を果たしています。

John Brockhouseが1950年に Ralph B. Rogersに代わって Indian Motorcycle Companyの社長となりま した。残念ながら、Indian Motorcycle Manufacturing Companyは1953年に事業を終了し、全モデルの生産 を停止します。1955年には Brockhouse EngineeringがIndian Motorcycleという名称に対する権利を購入 し、1960年まで輸入したRoyal Enfieldモデルを Indian Motorcycleモデルとして販売しました。

1940's Era

1940年代 -戦争

Indian Motorcycleが国のために尽くす

1940年から1945年まで Indian Motorcycleは第二次大戦の連合軍に貢献することに集中しました。当初はフラン ス政府のためにバイクを製造し、1941年からはアメリカ軍のためにモデル841を製造しました。この時代に消費者のた めにバイクが作られることはほとんどありませんでした。

1945年にデュポン兄弟が会社をRalph B. Rogersに売却しました。RogersはTorqueで働き、RogersがIndian Motorcycleで生産を望んでい た複数のモデルを設計していた Indian Motorcycleの元エンジニアであるG. Briggs Weaverの才能を活用するためにTorque Manufacturing Co.,も買収していました。

消費者モデルの設計と生産が拡大していたため、戦後初のラインアップはIndian Chiefのみで構成されました。 1948年には増加する軽量の外国産輸入車に対抗するために新型の垂直ツイン 440cc Indian Scoutモデルと垂直シングル 220cc Indian® Arrow® モデルが発表されました。

1930's Era

1930年代 - 大恐慌

劣悪な経済の中で成長を続ける

1930年にE. Paul Du PontがDuPont Automobileの株をIndian Motorcycleに売却し、 Indian Motorcycleの株式を大量に購入しました。E. Paulは会社の既存の経営チームを追放し、 Loring F. “Joe” Hosleyを経営の責任者としました。Hosleyのリーダーシップの下で Indian Motorcycleは年間モデルラインアップの発表を再開し、1932年には 203 ScoutとScout Pony、 1934年にはSport Scoutを発表しました。

1930年代前半にはアメリカの不況によって Indian Motorcycleを含むバイクの売上が 落ち込みました。それでも、 Indian Motorcycleは完璧性を追求し続け、1936年には EOIデザインを採用する “アップサイドダウン” フォー、そして燃料タンク上に計器盤を設 置したモデルを発表しました。

Ed Kretzが1937年にレース用 Indian Sport Scoutで初めて Daytona 200に優勝しました。1938年にはス タージスに拠点を置くJackpine Gypsiesと呼ばれるIndian Motorcycleクラブがブラックヒルズクラシックと 呼ばれるレースを開催しました。このレースがスタージス・モーターサイクル・ラリーに発展しています。

1920's Era

1920年代 - 伝説になる

Indian Motorcycle Companyの登場

複数の象徴的なバイクが世間に発表された1920年代前半はIndian Motorcycleにとって重要な時代でした。 1920年にはIndian Motorcycleは最初のIndian Scoutを発売しました。この速く、信頼性が高く、操作し やすいバイクをきっかけに多くの人がバイクに乗り始めました。これに続いて、Chief (1922), ベストセラー Big Chief® (1923), Prince® (1925)そしてAce Motor Corporationの買収後にAce® (1927)が 発売されました。

1923年にThe Hendee Manufacturing Companyから The Indian Motocycle Companyに社名を変更しま した。Indianという単語と組み合わせて使用する場合にはmotocycleのスペルに“r”を使用しませんでした。

Indian Motorcycleは1927年に伝説の 45-ci, 750cc Vツインエンジンを発表しました。このScoutエンジン の大型バージョンは Indian Motorcycleが生んだ最高のエンジンの1つとなります。

1910's Era

1910年代 - 記録と革新

最先端のバイク技術

1910年代はリーフスプリングフロントフォーク、自動オイルポンプ、2速トランスミッション、フロアボード、スター ターハンドクランク、スイングアームリアサスペンションデザイン、バイク史上初の電気始動、電灯、伝説の1000cc Powerplusエンジン、そしてIndian Motorcycleスクリプトロゴを含めた Indian Motorcycleにとって技術 革新と進歩の時代でした。

これらの進歩が新たな高み、そして新しい記録につながりました。

  • 1913 — 32,000台を販売、新記録を打ち立てる。
  • 1914 — Erwin “Cannonball” Bakerが新記録となる11日と12時間10分でサンディエゴから東海岸にバイクで到 着する。
  • 1915 — Erwin “Cannonball” Baker がカリフォルニア経由でカナダからメキシコへのスリーフラッグランで3 日半という最速記録を出す。

1916年に共同設立者であるGeorge Hendeeが社長を辞任し、1917年にはアメリカが第一次世界大戦に参戦しまし た。Indian Motorcycleはその生産能力の大半を戦争に捧げました。この結果、ディーラーの在庫は限られ、小売 売上は大幅に低下しました。会社は1917-1919年の期間にアメリカ軍に約 50,000台のバイクを提供しましたが、大 半は Indian Powerplusモデルでした。

1900's Era

1900年代 - 最初のモーターバイク

アメリカ初のバイク会社

1901年にバイクメーカー、レースプロモーター、そして元自転車レースチャンピオンであるGeorge Hendeeは Oscar Hedstromを雇い、自転車レースのペースメーカー用のガソリンエンジンを動力としたバイクを作りました。 彼が生み出したマシンはパワフルかつ信頼性が高く、会社の優れた性能に関する名声を確固たるものとしました。同年 にはスプリングフィールド繁華街に会社の最初の工場が作られました。

1902年には最初の Indian Motorcycleが小売顧客に販売され、同年にIndian Motorcycleはデビューレース でボストンからニューヨークシティまでの耐久レースに優勝しました。Indianのバイクに乗ったレーサーが次々に大 会に優勝し、新記録を打ち立てました。

  • 1903 — 会社の共同設立者でチーフエンジニアであるOscar Hedstromは自身のバイクに乗って56 mphの最高速度新記録を作り、ニューヨークシティからスプリングフィールドの往復耐久レースに優勝 しました。
  • 1906 — George HoldenとLouis J. Muellerは Indian Motorcycleに乗り、当時の新記録となる 31日半でサンフランシスコからニューヨークシティまでを機械的な問題を経験することなく走破しました。
  • 1907 — アメリカン人であるT.K. HastingsがイングランドでIndian Motorcycleに乗って1,000マイ ルトライアルに優勝しました。

1906年に初のVツインファクトリーレースバイクが作られました。1907年に消費者モデルでレース エンジンが導入され、39-ci (633 cc), 42°Vツインがアメリカ初のVツイン生産オートバイエ ンジンとなりました。

1890's Era

1897 - 伝説が生まれる

会社の設立

1897年にGeorge M. Hendeeが Hendee Manufacturing Companyと呼ばれる自転車生産会社を設立し ました。 自転車はSilver King, Silver Queen,そしてAmerican Indianといったブランド名で販売さ れましたAmerican Indianは“Indian”と短縮され、Hendeeの主要なブランド名となりました。

お近くのディーラーを探す